So-net無料ブログ作成
接写リング ブログトップ

とにかく接写したい時もある! [接写リング]

久しぶりにヘリコイド接写リングを装着。

マクロな世界へ行きたい気分です ^^ 

と言っても、特に狙う被写体もなく・・・

とりあえず庭で撮ってみました^^;

(接写リング=レンズとボディーの間に装着して被写体を更に大きく写せる道具)でいいかな?

 

 

 

お約束の花のシベ。 

IMGP1155.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO へリコイド接写リング] ISO800

 

IMGP1231.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO ヘリコイド接写リング]

 

 

 

小さな水滴に、

IMGP1162.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO ヘリコイド接写リング] ISO560

 

 

やっぱり虫!?

IMGP1171.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO ヘリコイド接写リング] ISO560

虫系は寄りすぎるとグロイのでやめた方がいいかも ですね ^^; 

でも虫の顔ってよく見ると面白いです!

 

 

 

 

最後にコレ↓何だと思います?

IMGP1207.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO ヘリコイド接写リング]

米 & 光ファイバーのように見えますね!

 

 

 

オマケにコレ↓は? 

IMGP1214.jpg

[K10D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO ヘリコイド接写リング]

魚のウロコみたいです。

 

さて答えはナンでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

答えは↓こいつです ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはバレバレですね ^^;

R0011197.jpg

[RICOH Caplio GX100]

答え    米        →  ピーチの爪 

      光ファイバー  →  ピーチの毛

      魚のウロコ   →  ピーチの肉球

 

こんなドアップ写真撮りながら、自分でも何撮ってんだろ?

なんて思ってしまった、おバカな ひろきんでした      (;´▽`A``

 

 

 

 


コスモス畑、マクロの世界パートⅡ [接写リング]

前記事に引き続き、コスモス畑のマクロな世界です。(パートⅡ)

今回もレンズは、

TAMRON  SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リングです。

 

コスモスのマクロな世界を撮っていたら、ハチが…

う~ん  気になって、気になって、

 

「カシャ」               istDS

「カシャ」               istDS

「カシャ」               istDS  

「カシャ・カシャ・カシャッ」     istDS

 

やっぱ撮っちゃった…^^;

ターゲット変更! ハチ助をロックオン!

スゲー! 目にウブ毛が生えてる、 Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

花粉だらけぇ~

 

ハチ助、水中メガネしてるの?

「 かゆい、かゆい (ノ△・。) 」      ハチ助

あ~。 花粉症だから目に入らないように、ってね!^^ 

 

このショットは、花びらのすき間からハチ助が顔を出すのを狙っていた、

でも、タイミングを逃して通り過ぎて行った…^^;

足に付けている固まりはお土産ですか?  ハチ助君!?

 

ハチって以外と逃げないんですね。

「お前の相手をしている暇はないっ!」    忙しいハチ助

って感じですか?


コスモス畑、マクロの世界パートⅠ [接写リング]

今回はマクロレンズでのコスモス畑です。(パートⅠ)

TAMRON  SP AF 90mm F/2.8 Di MACROを装着して撮影開始、

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO]

魚眼レンズとは正反対のマクロ撮影、

魚眼レンズと同じような距離で撮っているのに別世界です。

 

どうせなら接写リングも装着してしまおうか!

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング]

☆よく言えば→幻想的   ★悪く言えば→何だこれ?

好みの分かれる所でしょうか?

 

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング] F2.8 /  ISO800

接写リング使用時のカメラ設定は、絞り優先 / マニュアルフォーカス

絞りはレンズ側でしか絞れません…。

F2.8では被写界深度があまりに浅いので、

なかなか狙った所にピントが合いません^^;

 

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング] F8.0 / ISO800

今度はF8.0まで絞って撮りました、

ピントは合わせ易くなりますが、ファインダーが暗いこと暗いこと。

ファインダーが暗くなると結局ピントが合わせづらいです…^^;

 

 

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング] F8.0 / ISO800

まー結局、絞っても開放でも、何枚も撮らないと

自分のイメージ通りには行きませんでした。

未だに下手な鉄砲・・・です。 まだまだ修行が足りませんネ^^;

 

次回も今が旬のコスモス・ネタです、

花・写真に興味がない方もどうかお付き合いを m(_ _)m


顔を見るまで執念を燃やす^^; (てんとう虫) [接写リング]

朝、玄関に行くと下駄箱に黒い粒が。

何だ? これ?

         [TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO]

オッ! てんとう虫か!?

でも、顔がよく見えないな…。

ここは久しぶりに、接写リングを使ってみようか、

 

    [SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング]

ピントが合わずに苦労しましたが少しは大きく写った、

でも暗くて、まだ顔がよく分かりません…。

 

おっ!ココにいい物があるじゃん^^

家電屋さんに、ご来場プレゼントでもらったLEDライトを発見!

エヘヘ(笑)   これを無理やりセット!

 さあ、ライト ON!

[SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO + ヘリコイド接写リング + LEDライト]

ISO3200なので、ノイジーです^^;

顔を見るために執念を燃やしたが、

私の機材では、これが限界…^^;

リバースアダプターがあると、もっとアップになるんでしょうね。

 

こんな所を妻に見られたら、

「パパッ! 暇だね~」

って、また言われるだろうな…^^;


ヘリコイド接写リングKで試し撮り [接写リング]

PENTAXヘリコイド接写リングKをゲットしました^^

実は、しばらく前からカタログと、にらめっこ状態で…^^;

さっそく、試し撮りをしてみた。

[自己紹介]

まずは、ヘリコイド接写リングと被写体のボトムズです。

アクティックギア・スコープドッグ(ボトムズ)10cm程度の模型ですが細部まで、よく造ってあります。nice!ものです^^

この接写リングは絞りリングの無いレンズでは絞れないので、

タムロンSP AF 90mm F/2.8 Di MACROに装着してみた。

(↑写真はリングを最長に伸ばした状態)

初めは、SP AF 90mm F/2.8 Di MACROのみで寄れるだけ寄って、

これで、1:1の等倍って事ですよね。

次は、ヘリコイド接写リングを挟んで(リングは最短で)

最後は、リング最長で、撮影。 なるほどっ!かなり寄れましたかね^^

これって何倍なんでしょうか? (・_・)......ン?

ちなみにボトムズ顔アップ3枚は、絞り11三脚使用でした。

^^;さて、問題はこの接写リングを実戦で活用できるか?という事…

屋外なら無風でないと、花なんか撮れないだろうな~^^;

しばらくは、屋内で三脚を使って練習してみよっと!

★余談

実は絞りリングをA以外で撮影したのは初めてでネ…

カメラマンっぽくってカッコイイな~なんて思ってしまつた(笑


接写リング ブログトップ